FC2ブログ
クレヨンしんちゃん おススメ日誌☆

【しんのすけ】 名前の由来にはこんなエピソードが

こんばんはです!!

最近ようやく春の訪れをひしひしと感じております。

今頃になって 宇多田ヒカルの歌声に魅了されている今日この頃です。



さて今日の おススメ クレしんいきます!!


今回は  しんちゃんの名前が なぜ しんのすけになったのか!
名前が決まったときの お話!!




ある日。

まだ ひまわりが みさえのおなかの中にいる頃。

みさえ「あっ  動いた!」

しんちゃん「なにが?」

みさえ「おなかの中の赤ちゃんよ」

しんちゃん「どれどれ」

おなかに手をあてる しんちゃん。

ぴた

『ドクン』

しんちゃん「おッ」

ぺたぺた

『ドクン』>『ドクン』

しんちゃん「おおおっ」驚

しんちゃん「よぉおしっ」

ボクシンググローブをはめだす しんちゃん(笑)

みさえ「よぉし!じゃない!!」怒
   「乱暴なこと しないでちょうだい!」


しんちゃん「赤ちゃんて どこからでてくるの?」

みさえ 心の声「きた! 親ならば誰もがぶつかるこの瞬間!!」


しんちゃんに どう説明すればいいか真剣に悩むみさえ。


すかさずしんちゃんが


しんちゃん「『おまた』って言えばいいんだよ」


みさえ「知ってんじゃねーか」汗汗


しんちゃん「オラもおなかの中で動いた?」
     「オラどうやってうまれた?」


みさえ「しんちゃんはね・・・」





さかのぼること5年前・・・・・。




当時のみさえ「あ 動いた!」

当時のひろし「どれどれ・・・」


しーーーん


ひろし「うんともすんともしねぇぞ・・」

ちぇっ

みさえ「動いた」

ひろし「・・・・。」

ひろしが読んでいた雑誌の グラビアのページを そっとおなかに近づけてみると・・・・


『ドンドコドンドコドンドコッ!!!』

みさえ「なんだか喜んでるみたい」

ひろし「こいつ 男だよ きっと・・・」  (笑)




ひろしの職場 双葉商事にて



ひろし「こんなとこかな」

ひろしが しんちゃんの名前を考えていました。

候補だったのは・・・

『しんいち』『とものり』『すぐる』『けんた』(/・ω・)/




そのとき 陣痛が始まったと みさえから電話がはいりました!


部長さん 「生まれそうなのか!」
     「すぐに行ってあげたまえ!!」

ひろし「いや いいんです  男は仕事ですから・・・」


部長さん「すぐに 行ってあげなさい!!!」

ひろし「しかし・・・仕事が!!!」

部長「君なんかいなくったって会社は だいじょうぶ!!」

同僚「そーだ そーだ」

  「ぜんぜん影響ないです!!」


ひろし「みんな ありがとよぉ ちきしょおおぉ」泣

なんだか可哀想なひろしでした(笑)




そのころ  みさえは しばた産婦人科で 一生懸命 頑張っていました。

少し太めの先生「頑張って!! もっと力んで!!」
       「なかなか出てこないわねぇ・・・。」
       「ちょっと代わって・・・  トイレトイレ・・・」

美人の先生に代わったところ

美人の先生「あっ 急に頭がでてきました!!」


太めの先生「えっ!!  交代しましょう!!」

美人の先生「あ   引っ込んだ・・・」

太めの先生「なんでよ」怒(-"-)

そのころ ひろしは必死に病院に向かって走っていました。

外はあいにくの どしゃぶりでした。

そして ようやく病院についたひろし


ひろし「みさえーーーーー!!!」


分娩室から  オギャー オギャー と赤ちゃんの産声が


すかさず分娩室へ急ぐひろし

ひろし「みさえーー よくやった!!」感涙


手をギュッと握りしめたひろしでしたが


「どなたですか?」

ひろし「あっ」

看護婦さん「野原さんは隣ですよ・・・」

ひろしによるケアレスミスですね(笑)

そして無事 我が子を 抱きかかえることができました(*´ω`*)


みさえ「名前 考えてくれた?」

ひろし「おぉ!! バッチリよ!!」


ひろし「あ 」

   「雨で文字が流れてら・・・」

 しんいち →  しん

 とものり →  の

 すぐる  →  す

 けんた  →  け



 【しんのすけ】 しんちゃんの名前の由来には
 こんなエピソードがあったんですね!!(*'ω'*)

※クレヨンしんちゃん名作シリーズ⑧ もうすぐオラはおにいちゃんになるゾ  より  

スポンサーサイト

2014/02/27(木) /  野原 しんのすけ TB(0) CM(0)

しんちゃん おサルのコスプレ。

こんばんはです!!

今週は大雪にやられ 雪かき三昧で半端ないです(;´・ω・)
道路は ぐちゃぐちゃ 車も出せない状況で
ここ最近は 歩いて仕事場まで行っております。
明日も歩きます。


さて おススメ クレしんいきましょうか!(/・ω・)/


今回は 動物園から逃げ出した サルのお話です!



みさえ「ふぁ~あ よく寝た」
    「さて 洗濯物 取り込むか~」

いつものように こたつでお昼寝をしていたみさえ。

みさえ「あら やだ 窓開けっぱなしだったわ・・・」

そしていつものように 洗濯物を後回し、お昼寝→ティータイム の流れでTVを見始めるみさえ。


ニュース『きょう 午後 埼玉のアクション動物園のサルが脱走し・・・』

もぞっ・・

みさえの膝の上で何かが動きました・・


みさえ「こら しんのすけ ママの足に乗らないでよ!」
   「コタツから 出なさい!!」



しんちゃん「母ちゃんおかえり~」
     「寒いから シロ お部屋に入れていい?」

みさえ『えっ』

ニュース『現在 サルは かすかべ方面に逃走中で おなかがすくとかなり狂暴になるとのことです』
     『付近の方はご注意を・・・』

もぞっ

再びみさえの膝の上で何かが動きました・・・


みさえ「しんちゃん ママの座イス 引っ張ってみて・・・」青ざめた顔

しんちゃん「ほい」

ずずず・・・


おサルのお尻が少し見えました。

みさえ「もどして・・・」

ずず・・・

みさえ「ふっ」


『ぎゃーーーーーーーー』

『サルーーーーーーーーっ』

『ギャーーーーーーーっ』大汗


みさえ「う 動けない~~ 助けて~ しんちゃん どうにかして~」泣

しんちゃん「え~~~!? オラなんにもできない~~」

しんちゃん「じゃ せめて肩たたきでも」とんとんとん

(笑)

みさえ「のんきにしとる場合かーーーっ」

みさえ「何かサルが怖がりそうなもの持ってきて!!」
   「こたつの中から 追い出すのよ!!」

しんちゃん「ブラジャー」

そしてしんちゃんが用意したものは・・・


しんちゃん「ほ~~れ 母ちゃんがお化粧してないときの写真だぞぉ」

みさえ「おいっ」

ばっ

サル「ギャーギャーッ」

サルは勢いよくこたつから飛び出しました(笑)

みさえ「おまえも逃げるなーーーーっ」(怒怒)


そして110番をしたみさえ。

しんちゃんはサルに負けじまいと

おサルごっこの衣装に着替え始めました。

みさえ「対抗せんでいいっっ!!」


みさえ「とにかく 家の中は危険よ 外に出よう!」

しんちゃん「おかし 持ってくーー」

お菓子を見つけたサルは一目散に こちらへ 向かってきました!

みさえ『わーーーっわーーーーっ』泣 汗

サル「キーー キーー」

しんちゃん「おお 食べたいのか!」

      「ほい」


しんちゃん「近頃の動物園の景気は どお?」

サル「キーッ キキーー」  ボリボリッ

サルと意気投合しながら 一緒にお菓子を食べるしんちゃん。(笑)


そこへ

サルの保護班がやってきてサルを捕まえようとしました!

保護班「ここにいたぞーーーっ」どかどかどか
サル『ビクッ』


サルを力づくで保護しようとする 保護班!!
それに必死で抵抗するサル!

サル『ギャー ギャー』

それを見た しんちゃんは

しんちゃん『おサルさんを いじめるなーーーッ』
      『おサルさんはいい人なんだぞ!!』

みさえ「しんちゃん・・・」


おサルさんは保護され動物園に連れ戻されて行きました。

保護した車が走り去って行くのを 涙ながらに ずっと見続けていたしんちゃんでした。


みさえ「今度 動物園へ 合いに行こうね」


しんちゃんの動物に対する純粋さに 心が キュッとなります。   
(ノД`)・゜・。



※クレヨンしんちゃん 名作シリーズ ⑥ より


2014/02/18(火) /  野原 しんのすけ TB(0) CM(0)

野原 しんのすけという男!

こんばんはです!

最近は早目に仕事が終わるのでラッキーです。

しかし明日は朝から大雪警報です( ;∀;)

運転がおっかないです( ;∀;)



さて今日のおススメ クレしんいきます!

今回は しんちゃんと飼い犬のシロの話!



みさえ「しんのすけー」

   「しんおすけシロのお散歩の時間よ」

しんちゃん「ほーい」

空返事をしたものの こたつから全く動かずに漫画本を読み続けるしんちゃん。


みさえ「早くいきなさい!」怒

しんちゃん「どこへ?」

みさえ「シロのお散歩だっつっててるでしょ!」大声

しんちゃん 渋々 こたつから出る。

しかしみさえは何かを疑い 玄関へ行ってみると

やっぱり 玄関で漫画本を読んでいる しんちゃんを発見。


みさえ「シロのお散歩いきなさい!」

漫画本を取り上げるみさえ。

しんちゃん「んもーー」

ぱっ

服の中からごそごそともう1冊の本を取り出したしんちゃん。

みさえ「ドラえもんか おのれはーーー!!」怒怒


ゴツンっ

みさえの強烈な一撃でようやくシロの散歩に行くことになったしんちゃん。(笑)

とことこと二人で散歩をしていると・・・


片側の道にシロのガールフレンド メグちゃんを発見!

もう片側の道には しんちゃんの憧れの ななこお姉さんが!


それぞれが行きたい方向へ

しんちゃんは ななこお姉さんの方へリードを思いっきり引っ張ります。

シロは負けずに メグちゃんの方へ向かおうとします。


シロ「くーーーーーーーっ!」

しんちゃん「ぬーーーーーーーーっ!!」


しんちゃん「こっちいくの!!」

シロ「キャンキャンキャン!!」

ケンカをしているうちに・・・

メグちゃん ななこお姉さんは既にいなくなっていました。

シロ「ギャン ギャン ギャン」怒怒

しんちゃん「シロのせいだぞ おバカーーー!!」

ぷいッ

しんちゃん「シロなんかもうゼッコーチョーだ!!」

  『絶交』と言いたいらしい(笑)



しんちゃん「シロなんか ぷんぷんだ!!」

みさえ「どうしたの?」

しんちゃん「なんであんな犬 ウチにいるの!?」ぷんぷん

みさえ「おまえがひろってきたからだろ!!」

しんちゃん「まったく頭きた!」

    しんちゃん「頭きたからチョコビ食べなきゃ!」ぼりぼり

(笑)


みさえ「何があったの?」

しんちゃん「シロのせいでななこお姉さんと会えなかった~」

 「あーーーっ  これでオラもう 一生独身だ!!」おろおろ

みさえ「なんでやねん」

しんちゃん「もう こんざいりん シロの近くに行かないぞ!!」

みさえ「正しくは こんりんざい」
   「ハイハイ わかったからシロにエサ あげてきて」

しんちゃん「ほーーい」


・・・・


しんちゃん「母ちゃん!! オラ ちんげんさい シロに近づかないって決めたんだぞ!!」

みさえ「いーから エサあげてきて」こんりんざいだっつーの

しんちゃん「やだっ!!」

お仕置きの準備を着々と準備するみさえ。


さーーーーっ

急いでエサをあげに行くしんちゃん。


しかしシロとケンカ中のため

どさっとエサを放り投げ お互い険悪なまま・・・

その夜。


ぴゅうぅうぅぅぅーーーー

その夜はものすごく 冷え込みが強い日でした。

家の中から こっそりと シロが震えているのを心配そうに見つめているしんちゃん。

そして


しんちゃん「シロ!」

寒さに震えるシロに そっと毛布を差し出すしんちゃん(*´ω`*)

なんだかんだシロのことが大好きなしんちゃんでした(*'ω'*)

今日もお陰様でほっこりな気分です(*´з`)


※クレヨンしんちゃん 名作シリーズ ⑭ より


2014/02/08(土) /  野原 しんのすけ TB(0) CM(0)

しんちゃんの男気!

こんばんはです!

今日も寒波が半端ない1日でした(´-ω-`)

なのにカーディガンを忘れ1日中 死ぬ思いでした。。。




さて今日のおススメ クレしんいきます!

今回は しんちゃんの通うアクション幼稚園での運動会の話!!('ω')ノ



アナウンス「次は年中組のおゆうぎです」
     「曲は『春日部・恋やつれ』です」

なんちゅう曲を・・・(笑)

♪あなたがいないネオン街~ 私にとっては墓場です ♪
女心のかすり傷 ああ 春日部・恋やつれ~

曲調に合わせて 一生懸命 踊る園児たち。

アナウンス「次は紅白リレーです」



バラ組チータ「ま しょせん このバラ組のチータ様にはかなうまい」
バラ組の子 「次に速いのはこのオレさ! バラ組のハヤブサと呼ばれてるぜ!!」

しんちゃん「マサオ君はひまわり組の泣き虫オニギリと呼ばれてるぜ! まいったか!!」

マサオくん「だれも まいらないよ~ 言わないでよ~」泣



松坂先生「今年は絶対 バラ組の勝ちよ! 千円賭けてもいいわよ!」

よしなが先生「生徒の競争賭け事に使うなんて それでも教育者!?」

松坂先生「負けるのがこわいのね!やーい やーい 臆病者!」

よしなが先生「なんとでも おっしゃい」ふんっ


松坂先生「下半身デブ」


よしなが先生「言ったわねーーー!!!一万円賭けちゃる!!」
        「一万円で勝負じゃ!!」ガルル

組長先生「よしなが先生~~」汗汗


いよいよ リレーが始まりました!


ばら組Aチーム トップ
2位は バラ組 Bチーム
3位 ひまわり組 Aチーム
4位 ひまわり組 Bチーム


チータ「楽勝 楽勝!」すたたた

そこへ しんちゃんが猛スピードで追い上げてきました!

よしなが先生が用意した『水着ギャル写真集』につられて 物凄い追い上げです(笑)


そのころ 半周おくれで ひまわり組Bチームのアンカー マサオ君に バトンが渡りました。

マサオ君心の声 {ボク ひとりでこんなに遅れて走るの恥ずかし~}


ずでっ

マサオ君が つまずいて転んでしまいました。

「恥ずかし~~~」泣



ゴール寸前だった しんちゃんは マサオ君が転んでいるのを見つけると

よしなが先生「しんちゃん あと少しでゴールよ」

しんちゃん「お」

いちもくさんに マサオ君の元へかけつけました!


しんちゃん「いっしょに行こ」


松坂先生「今だ チャンスよ!」

そして バラ組の2人も

マサオ君の元へ かけつけました!!

チータ「いっしょにゴールまで走ろうぜ!」

ばら組の子「ガンバレ! マサオ!」

しんちゃん「お つきあい いいね」


最後は みんなで手を取り合い 一緒にゴールしました(*´ω`*)

松坂先生「私 自分が恥ずかし~~~」大泣
よしなが先生「感動しちゃった」泣

組長先生「うん うん」感涙

会場は大喝采に包まれました(*'ω'*)


しんちゃんは本当に友達思いですね。
まったく良いとこあるぜ!しんのすけーーー!涙

※こころあったまる・べすと その1 CLICK7 より

2014/02/07(金) /  野原 しんのすけ TB(0) CM(0)

ボーちゃんの恋・・・

こんばんはです!

最近やっと仕事が落ち着いてきました(;´・ω・)

大雪注意報で朝から散々です。はぁ




さてと今日のおススメ クレしんいきましょうか!(/・ω・)/

今回は しんちゃんの友達である ボーちゃんの恋の話!


ある日、アクション幼稚園にて・・・


ネネちゃん「今日は なにして遊ぼうか!」

しんちゃん「オニのいない かくれんぼ!」

マサオくん「つまんなさそう・・・」

風間くん「つまんないよ・・」

その時

ボーちゃん「ばっくしゃいっっ」

ボーちゃんが くしゃみをした瞬間、しんちゃんのほっぺたに鼻水が・・・  ぴとっ

しんちゃん「お」

     「おおお」

  鼻水がくっついたまま歩き出したしんちゃん


しんちゃん「これでなわとびやる?」

ネネ・マサオ・風間「ぜったい やだ!!」呆れ顔

そこへ松坂先生が登場

「あらあら何やってんの きたないわねぇ」
おもむろにティッシュを取り出し
ボーちゃんの鼻をかんであげる松坂先生
「はい   ちーーーん」


しんちゃん「ちーーーん」うにょー
みなさん想像を広げてください(笑)

松坂先生「その『ちん』じゃないわよ」あっちいけシッシッ

ボーちゃん「ぢーーーん」

松坂先生「よしキレイになった!」



松坂先生に優しくされ ボーちゃんは  ぽっ

松坂先生に恋をしました(*´ω`*)



ネネちゃん「えーーー 松坂先生と結婚したいですってぇ!!」驚

しんちゃん「年上の女を好きになるとは ボーちゃんませてるぞ!」

風間くん「おまえは言う資格ないよ」

マサオくん「で どうするの?」

ネネちゃん「ちゃんと告白するべきよ!」

風間くん「でも 結婚て お金かかるよ ボーちゃん貯金ある?」

ボーちゃん「少し・・・」

しんちゃん「じゃ 告白しに行こーーーっ」

どたばた

ネネちゃん「プロポーズはお花持って行くものよ」

しんちゃん「お便所に お花かざってあったぞ」

風間くん「じゃ それでいいよ 行こ行こ!」


職員室にて・・・


松坂先生「用ってなに?」

ボーちゃん「ケッコンして下さい」


松坂先生「いっ・・・」大汗


「ぷっ  はははは」(笑)

ネネちゃん「先生!! ボーちゃんは真剣なのよ!!」

しんちゃん「その上 もの好きなんだぞ!!」

松坂先生「くっ・・・」


松坂先生「ありがとボーちゃん でも今すぐ結婚はできないわ」
    「あと15年したら も1回プロポーズに来て」

がっかり・・・


しんちゃん「あと15年したら先生は おばあさんだぞ やめとけ やめとけ」小声

松坂先生「聞こえてんのよ・・・」怒”


ボーちゃん「じゃ 15年たったら また来る!!」

松坂先生「うん!!」





よしなが先生「何か いい事でもあったの?」

松坂先生「別にぃ~」 クスッ

なんだかんだ嬉しそうな松坂先生でした(*´ω`*)


子供の純粋な気持ちがとってもかわいいですね♪
ボーちゃんは  ぼーっとしていますが、実は何でも実力を発揮する
ユーティリティープレーヤーなんですね!補足でした(笑)


※ひまわり組のみんなはとっても仲良しだ編 その13 より

2014/02/03(月) /  ボーちゃん TB(0) CM(0)

- Page Top -